• outise

西日本縦断遠征レポート

更新日:2021年11月24日


期間:2021年1月13日〜2月11日

漕行ルート:大阪淀川河口→鹿児島志布志港

漕行日数:19日

漕行距離:745km

メンバー:山本啓太、運天陵、佐藤瑛彦(キビー)、南平純



1日目 淀川→明石川河口 43キロ 5時半起きで凍ったテントを撤収 これから始まる日々にワクワクもあるが不安も大きい 前日の夕飯と当日朝飯はキビーの奥さんが作ってくれて感謝 送迎と見送りもお父さんがしてくれた 7時すぎスタート 視界が悪いし堤防が多く現在地の把握が難しい 12時半に明石大橋手前のビーチ上陸 流れていたので潮止まりまで待機 明日の行程をミーティングしてキビーが小豆島を狙えないかと話す みんな乗り気でいきなり想定外の翌日60キロの島渡り決定 14時頃に再出発したが明石海峡3ノット向かい潮でキツい その後も明石川までひたすら向かいで6キロ2時間かかる 岸ベタでなんとか反転流つかんで移動 大潮だったが明石の潮位差20だったのでナメていた 林崎まで行く予定だったが力付きて手前で上陸 海苔加工工場があったので焚き火叱られる 夜は暇なので街徘徊、コンビニ買い出し 2日目 小豆島小島59キロ 無風 5時半スタートで南西目指す 闇夜で潮が速く現在地の把握が難しい 背後の夜景が動いていなかったので流されてはいなさそうだが心配になりgpsチェック 西2ノット追い潮だったので問題なし 前日の明石海峡の潮を経験したのでちよっとビビりすぎた その後は八幡スタイルでgps計器として使用 現在地は見ずに流されている方角とスピードと進んだ距離だけ確認していくが、これだけでも安心感はある 視界がほぼゼロのまま数時間漕ぐと家島諸島の上島を右手側に発見 ようやくおおよその現在地がわかり、良いラインで狙えていることに安堵 松島手前から南に流されていたが翌日小豆島を南回りの予定だったのでそのまま流されながらより南の海岸目指す 14時すぎに到着 みな少し体は痛いがまだまだ元気 運天の淹れてくれたコーヒーが有り難い 2日目にして視界なく潮も速い海を60キロ漕げたことに皆自信を持てた 久しぶりの島渡りだったか、コンパスで迷いなく来れたこともわかった また久々の夜漕ぎへの恐怖心も全くなくなった

3日目 玉野犬戻鼻西の浜50キロ 西3m 5時半スタート 午後から吹く予報だったので北ルートで早めに本州側に張り付く 結果吹かず終日穏やかだが、この日も視界は極端に悪い 薄暗い中、小豆島藤崎から前島へ島渡り 備讃諸島も流れなく穏やかで直島の土砂の採掘現場にがっかり、イメージとかなり違う 荒神島の対岸に航空写真であるはずのビーチが水没してなく途方に暮れたが、なんとか別の近くのビーチに上陸 高松の街並みと円錐状の島々に遠くに見える瀬戸大橋がようやく瀬戸内に来たと実感させる 霜焼けがひどく手の甲が痛い

4日目 児島大畠海浜公園12キロ 西2→7m 6時スタート 朝から風上がるのでとりあえず街まで移動 堅馬島から地獄のようなパドリングで8時過ぎ到着 漁港で朝からビールで乾杯 近所のおじさんに不審者扱いされちょっと怒られる うどん「さぬきや」のお母さんにに親切にしてもらう 天ぷらうどんとタコ飯美味しかった おぶちゃん、神戸スタッフのミッシーさんにお世話になる 買い出し、温泉、鷲羽山観光 ミッシーさんから夜はビールの差し入れも 湯冷めしてちょっと風邪っぽいので薬飲んで早めに寝る 5日目 広島江の浦浜16キロ 西1→7m 体調復活 5時起きでおぶちゃんに近くのうどん屋に連れてもらう 7時半出発 10時くらいから風上がるので広島目指す 潮止まりのため瀬戸大橋問題なし 幻の砂浜で糸井ジャンプの撮影会 もたもたしていたら予報通り爆風になり撮影会したことを後悔 上陸後八幡神社と役場に挨拶 カヤックは珍しいのかみんな声をかけてくれ、温かく迎え入れてくれた 充電は役場で、夜は風強いので防風林の内側でキャンプさせてもらえることに

6日目 停滞 昼から西の集落目指す ちょうど夜漕ぐ方角が見えたので事前にチェック 役場と郵便局員の第一村人ニッシーに挨拶 夜には風が落ち着くので夜中に漕ぐことに 連日の朝一暗闇漕ぎで鍛えられたのか、潮さえ合えば昼でも夜でも関係なく漕げるメンタルになっていた 18時就寝23時半起き 7日目 伯方島三小島南の浜68キロ 無風→北東4m 夜中0時半出発  1時出発の予定だがみんな気合い入ってるので準備早い 夜間は氷点下 怖さはなく自信が勝っていた 小飛島が若干北に流されたくらいでそのほかは問題なく思い通りのラインで行けた 夜行虫にオリオン座気持ちよかった 走島からの朝方は眠気との戦い 弓削島50キロ8時半到着後、14時まで潮待ちし船折瀬戸から伯方島西のビーチ上陸 8日目 倉橋島桂浜55キロ 東5のち無風 6時出発 岡村島の北側行こうとしたが潮逆のため諦めて倉橋へ 斎島から東風上がる 倉橋島手前が北に流れて進まず、後半は集中力きれてかなり辛かった 16時頃到着 温泉と飯  夜中雨だったので松の下にテント張る 体力はあるが精神的にみんな疲れてすぐ就寝 9日目 上関上関漁港東の浜58キロ 北東4→北西3 8時半発 朝パタゴニア広島スタッフのたもさんが差し入れ 15時周防大島南に到着 翌日天気悪そうだったので休憩だけして16時上関まで 士気が高かったので夜漕ぎ突入も問題なし 19時着中間地点ということで軽く打ち上げ 10日目 停滞 北東8m 1日雨 ゲストハウスのまるごとに挨拶、道の駅、温泉、牡蠣小屋で夕飯 優しい牡蠣小屋の兄ちゃんにキャンプサイトまで送ってもらう 11日目 停滞 北東7m 道の駅で干物とみかん 肉がなくひもじくなってきたが我慢 牡蠣小屋に挨拶して水くませてもらう 12日目  大分空港南の浜55キロ 北東4m→無風 8時過ぎ出発 天田島へ移動したが風弱いので国東へ 予報は北東8だったが、結果無風か追い風 天気予報より自分たちの身についた感覚を信じた 空港近くの上潮に苦戦 18時半着 漕ぐ予定じゃなかったので朝のスープだけで腹減った 近くのスーパーでカップラーメン 全身濡れていたので寒かった 13日目 佐賀関白木海水浴場35キロ 無風→南東5 8時出発 視界5キロ雨の中別府湾横断 湾の奥に煙突が見えるくらいでほとんど現在地分からず 5キロ手前でようやく岬がわかった 230で若干西に流されていたので、220で修正 関崎は潮止まりで流れなく眺望もない 関サバ館で寒さしのぐ 水温上がり南国感が徐々に強くなる 14日目 津久見楠屋鼻南の浜15キロ 北西8 8時過ぎ出発 風が強いがとりあえず行けるところまで行ってみる 徐々に風が強くなり前後の距離が離れがち 波も高くなってきたので岬まで行かずに終了 昨日で厳しい場所はすべて漕ぎ終えた安堵で気が抜けていたこともあり、日程に余裕もあるので無理しない もしここで誰か死なせてしまったら家族に申し訳ないと、みんなの家族の顔が出てきて漕ぐ気分になれなかった 15日目 佐伯くよむ鼻北の浜57キロ 無風→北西7m 6時出発 鶴御崎手前から予報に反して北風上がる 岬は周辺は潮速くぐちゃぐちゃ 佐伯の海岸線はこの旅一の絶景で見渡す限りの断崖絶壁 今日のノルマである芦崎鼻をすぎてから、翌日の風を考え上陸地に悩む 16時すぎに屋形島対岸に上陸 16日目 延岡大瀬川大瀬橋35キロ 北西8→西南西8→西7m 夜中から爆風でテント飛ばされそう 朝方もまだ風が残っていたので、7時出発をやめ待機 落ち着いてきたので7時半に出発 個人的には今日は漕がなくてもいいかも?と思っていたが、運天キビーは漕ぐ気満々なので判断を任せた 前半は風の中の湾横断 島浦島の湾は向かい風強め しばらく落ち着き火打崎超えてから西南西爆風 漁港に一時避難した風が収まるのを待つ ケイタ君の判断で16時半出発 西風強い中2時間かけて延岡の大瀬川河川敷へ 後半の寒さはきつかった 上陸後着替えてイオンへ駆け込む 17日目 停滞 チキン南蛮、コインランドリー、七海ちゃん差し入れ、温泉、国技館の大将に酒もらう 天気が良いのに完全休息日にあてたのは初 かなりリラックスして過ごせて心身共に回復 18日目 日向御鉾ヶ浦海水浴場25キロ 無風 若干二日酔いのためのんびり準備して9時半?出発 大瀬川河口が閉じていたので水門通って五ヶ瀬川から出る 日向手前の海岸線も美しかった

19日目 停滞 南東10m 馬が背、クルスの海、マックスバリューへ買い出し もつ鍋と岩切さんにステーキの差し入れで満たされる 20日目 川南漁港35キロ 北西6m→南東7m 8時スタート 午後から向かい風でなんとか川南 2時間近く強風向かい風でかなり疲れた 平坦な土地は場所が分かりづらく、間違えて危うく先へ進みそうになった 漁港に上陸 漁師はみな優しく話しかけてくれる トイレも貸してくれた 21日目 青島ビーチパーク42キロ 無風→南7→南東6m 8時出発 宮崎港からは3時間近く強風向かい風の中漕ぐ 1時間ほどケイタ君確認できず心配したが、青島で合流 スーパーで買い食い、温泉 22日目 鵜戸漁港横の浜21キロ 無風→北西8m 8時出発 wfk宮崎の松本さんにご挨拶 風も強いので無理せず昼過ぎ到着し、鵜戸神社に参拝 夜タカさん合流 23日目 宮之浦漁港32キロ 西2m→南東6m 8時出発 南郷からは南国感がすごい 幸島目指すがビーチに猿いて居心地悪そうだったので宮之浦へ 幸島からは向かい風強い 漁港に上陸し漁協に許可もらう  24日目 志布志漁港32キロ 東3m→北西1m 8時起き 雨の中のテント撤収 志布志湾は北風上がりそうだったので岸よりのコースで 昼過ぎにゴール 釣りのおばちゃんに写真とってもらう マルエーまで荷物運び洗わせてもらう 街に移動し公園でキャンプからの打ち上げ

閲覧数:96回0件のコメント